2016年4月26日火曜日

【レポート&お知らせ】ツキイチテーブル#53&4月27日延長戦開催決定!

今回のツキイチテーブルは9名の方が参加され、あいちトリエンナーレに向けてロプロプは何をしてゆくかについて話し合いました。
場所はトランジットビルで、お菓子はカントリーマアムでした!!
(差し入れ下さった方ありがとうございます。おいしかったです。)

トリ勉リターンズ等様々な案が出た中、2つの案がロプロプとして実行に移してゆこうと決まりました!
気になる内容は、、、、(ジャカジャカジャカジャカ)
ツキイチテーブルの出張版である「ツキイチキャラバン」と、初心者の方から玄人の方まで気軽に参加できるレビュー集作りです!!

1つめの「ツキイチキャラバン」は、あいちトリエンナーレのファンが集い、アートについて語り、交流できる場をつくるというコンセプトを基に、トリエンナーレ会場である名古屋、豊橋、岡崎でツキイチテーブルを開催するというものです。
今回のトリエンナーレが旅(キャラバン)をテーマにしているように、ツキイチテーブルがあなたの街に旅をするかもしれません!

2つ目のレビュー集づくりは、「レビューにチャレンジしたい」という初心者の方から、「これまで何本書いたかわかんないぜ」という玄人の方まで気軽に参加できる企画にしようと考えています。媒体はWEBか紙の予定です。

今回、企画関係のツキイチテーブルに初めて参加しましたが、皆さん熱い思いを持って、いろいろな角度から提案されるのでとても刺激的でした。また作家活動をされている方がいて、皆さん作品の説明に聞き入っていたのも印象的でした。
また27日(水)に企画をブラッシュアップする会があります!皆さんのお力をお借りして刺激的な夜にしましょう(ムフフ)


篠野

「ツキイチテーブル#53 延長戦」
日 時:2016年4月27日(水)19:00~20:30
会 場:カフェボンタイン(予定) 愛知県名古屋市中区錦3-11-20
参加費:飲食代実費

※当日参加OKですが、会場が急きょ変更になった場合のお知らせのため、
ご参加がお決まりでしたらこちらのフォームからお申し込みください
→http://bit.ly/loplop555 
(イベント名に「4月の延長戦」とご入力の上、送信をお願いします)

2016年4月14日木曜日

【お知らせ】ツキイチテーブル#53「ロプロプでなにしたい?ロプロプはなにがしたい?」

2016年度が始まり、3回目のトリエンナーレを迎える愛知県。
トリエンナーレスクールやボランティアの募集もあったりして、なんだか周辺がザワザワしてきておりますね。
トリエンナーレ以外の展示や公演も含めたら、お楽しみがありすぎて忙しいことこの上ない夏になりそうです。

ということで、今回のツキイチテーブルは、そんなお楽しみをさらに楽しめるような企画を考えていきたいと思います。

「企画」と言っても難しいことは考えず、やってみたいこと、興味のあること、をバンバンと出し合って、
「これいいね!」「あれもいいね!」という感じで面白いことを企てていきましょう!
もちろん、いつものように最近観た展覧会やお芝居のお話も交えつつ、の時間になればと思います。

新年度、名古屋に転入してきて情報を仕入れたいアートやダンス、演劇好きの方はもちろん、
アート的な新しいこと、ところ、人に出会いたい、という方もお気軽にご参加ください。


日 時:2016年4月21日(木)19:00~20:30
会 場:長者町トランジットビル2F
    名古屋市中区錦2-11-13
    地下鉄「伏見駅」1番出口より徒歩5分
    地下鉄「丸の内駅」5番出口より徒歩5分
    地図:http://bit.ly/trasta
参加費:300円


※当日参加OKですが、人数把握のため、ご参加がお決まりでしたらこちらのフォームからお申し込みください→http://bit.ly/loplop555 (イベント名に「4月のツキイチ」とご入力の上、送信をお願いします)

※「だからロプロプって何?」と思った方は過去の記事やこちらをご覧ください。
●「アサヒ・アート・フェスティバル(AAF)2012ネットワーク会議」でのプレゼンの模様
https://youtu.be/Mw_NW2jbvC8
(AAFには2012~2015年まで参加しました)
●「ぺちゃくちゃナイトvol.10」でのプレゼンの模様
https://youtu.be/nzHU7qkw8y0

2016年1月30日土曜日

【レポート】オーディエンス筋トレテーブル#08「技術のイメージ/イメージの技術」 




2016年1月22日(金)、愛知県美術館の副田一穂さんをお招きして「技術のイメージ/イメージの技術」と題したレクチャーをしていただきました。


今回副田さんは、科学の分野である、植物学で用いられた植物標本や天体学で用いられた望遠鏡といったものなどが、芸術家を含めた人々のイメージの受容に、どのように影響を与えたかについて論じられました。


副田さんが昨年2015年に企画された、愛知県美術館での『芸術植物園』や、愛知県美術館の紀要で発表された『江戸時代の望遠鏡と拡張された視覚の絵画化』での考察を踏まえて、科学史と美術史との交錯についてをお話いただきました。

今回の企画担当としての意図は、「美術史」をテーマとすることでした。
ロプロプという集まりは「鑑賞者」がキーワードです。日常生活で、雑誌やテレビなどの美術特集を見る度に、美術史的な観点が多くを占めているように思います。そこから、直観的に「美術史は、鑑賞者にとって重要なトピックであると、ひとまず誰もが直観的に捉えるものだろう」と推察しました。
その上で「美術史の現在」を垣間見たいということで、専門が美術史・シュルレアリスムである副田さんに、レクチャーしていただけないかとお願いしました。
今回のレクチャーを聴講された方々が、美術史をこれまでどのように捉えていて、そしてどのように捉え直すこととなったでしょうか。

以下、レクチャーのレポートです。

2016年1月19日火曜日

【お知らせ】2016年1月23日(土)ツキイチテーブル#50 50回記念「なんでも持ち寄りBYOB&Aパーティー」



暖冬といえども、寒さが厳しさを増してきましたね。
ということで、あけましておめでとうございます!
(新年のご挨拶が遅くなりましてごめんなさい)
今年初めてのツキイチテーブルは、なんと記念すべき(?)50回目!!

その内容は…
ざっくばらんなアートにまつわる交流会!
これまでロプロプのイベントに参加したことがある人はもちろん、
これから参加したいと思っている人も大歓迎。
いつものようなオープンミーティングに、
食べ物、飲み物を持ち寄って、プチパーティー気分でお話ししましょう!



そして、
これまでのアート鑑賞の思い出、
ロプロプでやりたい企画、
宣伝したいイベント、
を持ち寄りませんか?

BYOB&A
(Bring your own bottle and arts=飲み物とアートにかかわる何かの持ち寄り)で
パーティしましょう。